転職関連情報をお届けするポータルサイト

>

古典的だが、威力は絶大!会計系資格

日商簿記検定試験

皆さん一度は耳にしたことがあるかもしれないほど知名度の高い日商簿記検定ですが、転職市場でも評価される資格の一つです。
まだ簿記に触れたことのない方は3級から始めるとよいでしょう。基礎的な会計の仕組みがわかります。

また、転職市場で差をつけるという意味では2級以上は欲しいものです。企業の経理部門において求められるスキルでも2級以上というところが多いことから、転職で会計リテラシーをアピールするにはやはり2級以上は必要と言えるでしょう。

独学ではちょっと厳しいという方は、専門予備校を利用するとよいでしょう。中には3級相当の授業は無料もしくは半額といった特典があるところもあるので、積極的にチェックしてみましょう。

BATIC

この資格はたぶん聞き慣れない方も多いと思います。日本語では国際会計検定と訳され、日本式の会計基準のみならず、アメリカの会計基準やIFRSによる出題がなされます。

出題はすべて英語です。初学者にはとっつきにくいかもしれませんが、出題される単語は会計専門用語が主となるため、専用の教材をこなすことで身につけることが出来ます。この資格では日本式簿記のみならず、国際的な会計基準の理解と英文による理解をはかれます。本資格取得によって、語学力と会計力を同時に証明することが出来ます。

まずは、基礎的な簿記力を日商簿記の勉強によってつけることで、その後の学習がスムーズに進むでしょう。
また、独学が厳しいと思われる方はこちらも専門予備校を適宜利用することで、効率よく学習が進むと思います。


TOPへ戻る