転職関連情報をお届けするポータルサイト

>

懐刀!IT系資格

ITパスポート試験

ITパスポート試験は、IT資格のうちでもっともとっつきやすい資格の一つです。
試験内容はテクノロジ系とマネジメント系、ストラテジ系に分かれますが、ストラテジ系については文系の方でも触れたことがあるような内容も多々出題されます。

その他の出題においても、特段難問奇問は出題されませんので、地道な勉強が実を結びます。

また、この試験で身につけた内容は、実践においても役に立つ内容です。
しかし、ITを使いこなすという意味においては、まだ十分といえるようなものではありません。
この試験で適性をはかり、基本情報技術者や応用情報技術者といった上位の資格を取得すれば、転職において強力な武器となることは間違いないでしょう。

MOS

MOSはマイクロソフト・オフィス・スペシャリストのイニシャルを取った略称です。
ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフト製品に関する利用スキルを証明できるものとして、認知度の高い資格です。

ほとんどの会社においてオフィスソフトを導入しているため、この資格を持っていることで、実務において即戦力として使えるといった証明にもなります。
また、会社での作業のみならず、自宅でのオフィス作業においても効率化をはかることができるため、時短にもつながります。

試験レベルはスペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)に分かれているので、初学者の方はスペシャリストレベルから受けてみると良いでしょう。


TOPへ戻る